公務員薬剤師転職で安定を。

医療関係のお仕事とは言ってもとにかく狭き門

薬剤師の転職薬局転職ナビ

なので英語力も必要となり、自身が生まれ育った地域のみならず地方の行政施設に出向したり外国にある日本大使館にて勤務したり世界を飛び回ることもあるので、覚悟しておいてください。
地方で働くにしてもどこに配属されるかは分かりません。
2年から3年周期で部署移動が行われるので、その度に新しい部署で新たな知識を身に付けていかなければならないというのもデメリットでしょう。
結婚や出産・新居を建てるなど長期的展望が必要となる人生の場面で考えねばならないことも多く、そういった意味では女性が働くには大変なこともあります。
長年勤め上げていくことで昇給していくものの、初任給は民間と比べると低く最初は実家から通うようにした方が良かったりもします。
民間企業と比べて公的機関で薬剤師が必要となる部署は限られます。
不況の世の中で安定があり、子育て中は産休・育休も認められてその後もきちんとお休みが取れてというお仕事ですから、結婚後も働き続ける方多数です。
医療関係のお仕事とは言ってもとにかく狭き門であることは知っておいてください。
毎年人気が高く、倍率がかなりのものになっているのです。
普通に市役所で働く方とは別に薬剤師としての知識も必要なので、一般教養のほかに専門分野試験も課されていて、大卒程度以上の知識が十分になければとても受かることも不可能なのです。
それでも目指すというなら、予備校などにも通って効率よく勉強することをおすすめします。
狭き門とはいえまったく募集していないというわけではなく、毎年のようにこの世界で働き始める新人さんがやってきているのです。
民間とはまた違ったメリットもあればデメリットもある公的機関で働く薬剤師さん、保健所などで実施される健康診断を受けにいった時などに気付かず会っていることでしょう。
転職を考えているのであれば、その方々を邪魔しない範囲で話を聞いて見てもよいかもしれません。

公務員薬剤師になれば、民間企業とは違う安定性が得られます特に女性の場合、子育てと仕事の両立がしやすい医療関係のお仕事とは言ってもとにかく狭き門