仕手株とは簡単に説明すると相場操縦ですが、これに気づかずに株の売買をしてしまうと大抵は損をしてしまいます。情報に踊らされずに自分の考えをしっかりと持って行動することが大切です。

東証ではない鈴茂器工は仕手株の標的にされやすい

鈴茂器工は注目度の高い東証一部の銘柄と違い、それほど注目度が高いとはいえないジャスダック市場の銘柄となっています。
そして、鈴茂器工自体が事業内容からも大きく伸びるということは考えられる事業内容ではないため、株価は横ばいの動きをして上下ともに方向性の定まらない動きをしています。

近年の地合の良さから鈴茂器工もその恩恵を受け、底値だったころから比べて株価も底上げされていますが、時々大きく上昇をすることがあり、その際には仕手株化されていることが予想されます。
鈴茂器工は業績的に問題があるような企業ではありませんが、株式市場としてはそれほど人気がない銘柄であり、規模も小さなことから株価の吊り上げがそれほど難しい銘柄ではありません。
そのため、日頃から少しずつ株を買い集めある程度の量がたまった時に、株価を思い切り吊り上げそれに飛びついてきた個人などに仕込んだ株を売りつけるということをすることができるのです。

ただし、このような動きが全て仕手筋によるものかというとそうとも限らず、多少の資金力がある個人であれば鈴茂器工程度の規模の銘柄であれば株価を吊り上げるということも難しいものではありませんから、個人による仕手株まがいの動きであるという可能せいもあります。
本当の仕手筋が入っているのか、個人が仕手株まがいのことをしているのか判断ができないにしても大事なことは、怪しい値動きをして上昇をした株というのは飛びつかずに静観をすることが最も安全な方法といえるのです。
投資を行っていれば誰もが短期間で大きな利益を出したいと考えるものですが、仕手筋というのはそのような人間の感情をついて仕掛けをしてくるので、リスクを避けるのであれば仕手株のような動きをした株には飛びつかないようにしましょう。